とりあえず蒼い

aoiの日常をお送りするブログです。自分の蒼さを表現しながら日々の出来事とか書いてみます。

INFOBAR A03からNuAns NEO [Reloaded] に乗り換えたぞ!!

f:id:takamiaoi:20170619232334j:plain

こんにちは。

部屋に扇風機もうちわもないのでひたすら暑さに耐えている「とりあえず蒼い」の管理人の新卒ニートaoi(aoi(Hatena Blog) (@aoi_hatena) | Twitter)です。

 

さて、以前僕はこんな記事を書きました。

takamiaoi.hatenablog.com

 

以前からこのブログで書いている通り、僕はauINFOBARブランドのファンで、今でも2年前に発売されたINFOBAR A03というスマホを使っています。

 

新機種の発売を期待していたんですが、先月の発表でとうとう新機種が出ることはありませんでした。

 

なので、それに代わるスマホを探した結果、こいつを購入に至りました。

 

 

 

 

上記の記事でも紹介しているんですが、INFOBARとはまた違った個性を感じ、こういったデザインスマホが好きな僕としては次の候補はこの機種しかありませんでした。

 

そしてとうとうやってきました!!

はい!!

 

いやぁ待ってましたよ!!

本来は5月下旬に発売予定だったのが少し延期して6月上旬(9日)発売ということで、少しもどかしい想いをしていましたが到着致しました。

 

2017年の3月31日までの期間に予約をすると2トーンカバー、もしくはフリップケースがもらえる期間限定のキャンペーン中に予約をしていたため、写真左にあるフリップケースが一緒に封入されていました。

(ほんとは2トーンカバーが欲しかったぁ・・・。)

 

さてスペックですが、詳しい事は僕自身もよくわかっていないのでホームページを見てなんとなく察してください。

もしくはガジェット系のブログをご参照ください・・・。

機能詳細 | NuAns NEO [Reloaded]

 

実はNEO [Reloaded] の前にこれとほぼ同じ機種が発売されていたんですが、その機種はOSにWindowsを搭載していました。

 

ユーザーから

「OSをAndroidに変えてくれ!!」

 

といった声がたくさんあったため、今回このNEO [Reloaded] にはAndroidが搭載されいます。

 

スマホのパッケージにしてはかなり独特な形をしていますね・・・。

どうやらこの機種を販売しているトリニティ株式会社はかなりデザインにこだわっているようで、デザインとアイデアに富んだ製品を数多く出しているようです。

 

このNEO [Reloaded]もそのデザインセンスの賜物と言っても過言ではないでしょう。

 

では開封。

 

中には本体とUSB Type-Cコード、それと本体取り扱い説明書のみ。シンプルですね。

 

本体背面にあるこのカード型カバーの部分にクレジットカードやクレジットカードを挟んで活用するようですね。

ホームページを見てみると、どうやらこのカードは画面を綺麗にできるクリーニングカードとして使えるみたいですね。気の利きようがすごい。

 

ほんとだ。裏面がクリーニング面になってる。ありがたい。

 

続いてフリップケース。こちらもコア(本体)と同じデザインのケースに封入されています。

 

すごい。ケースも同じ会社が出しているだけあってブランドロゴが付いてる。これは愛着湧きそうですね。(使うとは言ってない)

 

僕はフリップケースを使ったことがほぼないのでどういいのかわかりませんが、2つのカードポケットがあることと、動画視聴用にスタンドとして活用できる点が魅力らしいです。f:id:takamiaoi:20170619181000p:plain

 

中はこんなかんじ。

 

コアを取り付けてみた状態(シート貼り付けに失敗しました)

 

しまった状態。

 

触ってみると、以外にもレザーがしっかりしていながらも、持ちやすいように柔らかく仕上げられていました。

カバーを開くとスマホのセンサーが反応し、勝手に画面が明るくなるのが面白くて意味もないのにパカパカして遊んでしまいました。

パカパカするぐらい使い心地はイイ。

 

まずはお詫び

購入してから既に一週間が経過していますが、ぶっちゃけまだSIM挿してません。

すいません!!!

レビューとか言ってるくせにまだ実際に活用できていませんんんん!!!

現在使用しているauのSIMをINFOBAR A03から移行しようとしたんですが、専用の道具がないとINFOBARからSIMを取り出せないという事実が発覚し、諦めてSIMフリーで契約しようかと考えている最中でございます。

 

あらかじめauショップに行ってINFOBARで使用しているSIMの対応バンド数(9)を聞いていて、おそらくこのNEO [Reloaded]でももしかしたら使用できるかもとのことです。(やってみなければわからないようです)

 

この辺りは早く解決しようと思います。

 

僕なりにイイと思った点

スマホライトユーザーかつガジェットにわか知識の僕が、Wi-Fi接続のみで使用してみていいなと思った点をいくつかあげていきます。

 

高画質だからなにしたって全部キレイ

フルHDディスプレイというものに初めて触れているんですが、2年前のINFOBARから最新技術搭載の[Reloaded]に乗り換えたせいか、驚くほど美しく感じます。

別にINFOBARが雑だったわけではないと思いますが、動画やゲームをしているとき、色が鮮明映るように感じます。

 

電池持ちスッゲェ

Wi-Fi使用しかしていないため、常に持ち歩くわけではなく基本家で使用(動画視聴やゲーム)しているため、2~3日ほど充電を疎かにしてしまったことがあったんですが、動画視聴やゲーム使用で残り80%程度だったのを2~3日放置でも40%ほど残っていました。

INFOBARならありえない事なので、素直に驚きました。

ちなみにNEO [Reloaded]のバッテリー容量は3,450mAh

iphone 71,960mAh

圧倒的にNEO [Reloaded] の方がコスパがイイですね。

薄さより利便性を追求していることが分かります。

 

指紋認証が便利

NEO [Reloaded] には指紋認証機能が搭載されており、自分の指紋をあらかじめ登録しておくことで電源ON時のパスワードやPINコードを入力せずともロックを解除することができます。

いちいち入力しなくても指を置くだけで解除できるのは楽。

 

ちょっと残念に思った点

いいコト書いていきなり残念な点をあげるのは心苦しいですが、思ったことは書く主義なので一応。

 

ちょっと重い??

約2年間INFOBARを使ってきた身としては、NEO [Reloaded] は少し重量があるように感じます。

そもそもINFOBAR自体が軽量かつ薄いデザインだったためか、まだ少し慣れないな、と思いました。

 

ただ、NEO [Reloaded]のHPにはこの

「"薄さ"に対するアプローチの見直し」の背景が描かれています。

日々進歩する技術。その結果、スマートフォンのデザインはどんどん薄型になってきました。しかし、薄くなり続けることは、本当に使いやすさや機能性を高めているでしょうか。

NuAns NEOは最新技術による進化を、持ちやすさ、美しさ、そして機能性といった優れた工業デザインへと昇華させることにしました。手にしてみると、その意外な軽さにも驚くでしょう。あえて薄さを追求せず、薄型化を可能にする最新技術を“製品価値を高める”ことに力を注ぎました。

その結果、特徴的で持ちやすいシンメトリックなラウンドフォルムと大容量バッテリー、非接触型ICカードスロットの装備を実現しました。

 

これを読むと

「なるほど、それもそうかも」

と納得できます。

まぁ使っているうちにどうせ慣れると思うので、これはさほど大きな問題ではないですね。

 

指紋認証の精度に疑問

先程イイと思った点にあげたばかりで手のひらクルーで申し訳ないんですが、確かにこれは便利です。そこは間違いないんですけど、正直、成功確率が1/5くらいなんですよね。

期待をしていた分、そこの精度の低さは少し残念です。

 

もしかしたら僕のやり方や指紋が薄くて読み取れないといった可能性もありますが、他の方も同じ意見をお持ちの方がいるようですので、あながち間違ってはいないと思います。

この辺はアップデートで改善するのかな・・・?してほしいけど。

 

今後使っていきたい機能

まだ実践投入をしていないので、あくまで今回のレビューは軽く触ってみての感想程度に受け取っていただければ幸いです。

 

NEO [Reloaded] にはまだまだ魅力的な機能がたくさんありますから、今後使っていきたい機能を書いていきます。

 

おサイフケータイ機能

発売元もこの機能をイチオシしてましたし、外出の際に荷物を多く持ちたくない僕としては、今後この機能を活用して電車での移動やショッピングをこれ一台で楽しんでみたいな、と考えています。

スマホ一台で全部完結できるってスタイリッシュで都会的でめちゃめちゃカッコいいですよね!!(ただし金はない)

 

カメラ機能

スマホのカメラ機能なんてどれもたいして変わらないと思っていたんですが、このNEO [Reloaded] では高速かつ正確なオートフォーカスと、高精度のピント合わせを実現したとのこので、案外スマホで写真をよく撮る僕として一度試してみたいと思っていました。

ちなみのNEO [Reloaded] の公式アカウントでは毎日この機種で撮影した写真が投稿されているので、参考になりますよ。

NuAns (@NuAns_jp) | Twitter

 

それにどうやらシャッター音をOFFにすることができるらしいので、これを使って彼女の寝顔なんかの撮影しちゃったりなんかすると幸せな瞬間を収められますね!!

まぁ彼女なんていないんですけど。

 

高音質aptX対応

これに関してはつい最近知ったんですが、Bluetoothを利用しての音楽再生をする場合、いくつかコーデックと呼ばれる伝送方式がある中で、このaptXは得に評価の高いものだそうで、よりいい音をワイヤレスで聴くことができる機能のようです。

今現在音楽再生はWalkmanを3年以上使い続けていて、そろそろ限界を迎えているのを感じてます。

それにコード式のイヤホンを毎日持ち歩くのは正直面倒なので、NEO [Reloaded] に楽曲を入れたメモリーカードを突っ込んで、今後はWalkmanいらず、そしてワイヤレスで音楽を楽しんでいきたいと思ってます。

このイヤホンなんか安くていいなぁ。お試しに買ってみようかな。

 

今までデザインでスマホを決めてきた僕からすると、買って損はないと言い切れるスマホだと思いました。

INFOBARを選んだのもデザインが優れていたからですから、このNEO [Reloaded] もかなりイケてるデザイン、しかもスペックもミドル級ですので、INFOBARを使っていた方なら不満なく使えるかと思います。

今度はカバーを2トーンカバーのやつを買って楽しもう!!

 

さいごに

ガジェットに関して興味や関心はかなりあるんですが、スペックやディテールに関してはあまり理解できていない僕なりの観点から、ざっくりと誰にでもわかっていただけるような情報を書いてみました。

 

ガジェット系に詳しい方はengadgetさんなんかを見ていただいた方がためになるにちがいありません。

 

にわかながら僕なりのレビューをしてみました。

次はINFOBARとNEO [Reloaded] の差とか書いてみようかなと思います。(書いた)

takamiaoi.hatenablog.com

 

以上っ!!

ではでは。

注目記事